Language not available Language not available Language not available

この投稿はあなたの言語ではご利用できません。他に以下のような選択肢があります:

改訂されたヘイト関連行為および嫌がらせ行為に関するポリシーの紹介

Dec 9 2020

2020年12月16日改訂

毎日、数百万人の人たちがTwitchを介して、自分の情熱とスキルを共有し、お気に入りのストリーマーをサポートしたり、友達と繋がったりしています。Twitchのコミュニティは多様で急速に成長しており、ほぼ世界中の言語や、関心事、その背景がストリームに映し出されます。進化するにつれ、原点に立ち戻り、ポリシーの再確認と更新を行うことで、すべてのストリーマーとコミュニティが安全にTwitchで共に活動できるようにする必要があると考えました。 

本日は 改訂されたヘイト関連行為および嫌がらせ行為に関するポリシーご紹介します。新しいポリシーは2021年1月22日より施行されます。1月22日以降に制作されたコンテンツは、新たなガイドラインに基づき審査されます。

これらの変更は、コミュニティをより適切に保護することを目的としており、罰するためのものではありません。ですので、更新後のポリシーが有効になる前に、変更内容をよくご理解いただきたく、十分な時間を確保するため事前にこの情報を共有させていただきます。契約更新までのこの期間中、弊社のSafetyチームは既存のガイドラインを使用して、コンテンツの管理を継続いたします。ポリシーの変更によって、新しい言語を読むための時間が必要となること、またその変更内容が、あなたの行動にどんな影響を与えるのか考える必要性が生じることを私たちは理解しています。Twitchがすべての人にとってより安全であるために協力して取り組んでくださる、皆様のご支援に感謝いたします。

なぜ今なのか

Twitchで多くの人々、特に女性や、LGBTQIA+コミュニティのメンバー、黒人、先住民族、有色人種の人々が、残念なことに、当社のサービスを含む、オンライン上で不当な嫌がらせや虐待を今なお経験されていらっしゃることを知っています。こうしたことは当然受け入れられるものではないだけでなく、Twitchで築かれたコミュニティを害するものであり、ストリーミングをキャリアとして追及することを願うすべての人の長期的な実行可能性を脅かすものであります。 

私たちは、日々素晴らしいコンテンツを生み出し、コミュニティにいつでも歓迎するスペースを設けてくれているクリエイターの方々を非常に誇りに思っています。そして人種、性別、その他いかなる保護特性を理由とした嫌がらせに直面することは受け入れられず、Twitchに居場所はありません。 

私たちは、ヘイトや嫌がらせに対するより明確で一貫した姿勢を取り、Twitchで受け入れられること受け入れられないことついてより深い洞察を提供するために、新しいポリシーを築き上げました。憎しみのある行為や嫌がらせは常に禁止されていますが、これらのカテゴリーに分類される行動についての詳細説明を追加しています。また、ポリシーが実際にどのようなケースで適用されるか理解するのに役立つ具体的な例も追加しました。

このポリシーは、コミュニティ内での広範な調査を実施した1か月間のプロセスの集大成であり、各分野の業界の専門家や安全審議会との協議内容も反映しています。私たちはまた、例外的なケースを特定するために過去の事例についても、何度も検討を重ねました。これは明確化する機会となりました。これらのポリシーを従来どのように適用してきたかを理解することで、混乱の共通点に対処し、実施の一貫性を高めることができました。 

新たなポリシーについて

十分な詳細を提供するため、ポリシーを「嫌がらせ」、「ヘイト的行為」、「性的嫌がらせ」の 3 つのセクションに分け、それぞれの重要なポイントについて説明します。

言動や行動は、たとえあなたが傷つけたり、相手に危害を加えようと意図したものではなくても、意味や影響を力を持っています。そして、あなたの行為やコメントのターゲットがそれを気にしていなかったとしても、コミュニティ内の他の人はその行為やコメントに影響を受けているかもしれません。新たなポリシーの下、当社のSafetyチームは、単に意図を認識した時だけでなく、行動が虐待的で、当社のガイドラインに違反していないかどうかを判断するために、声明や行動の内容を確認します。

その結果として、一部の分野(ある種の嫌がらせを含む)への私たちの評価は、ターゲットにされたユーザーやMODチームによる、チャネルタイムアウト、追放、報告といった、望ましくない行為があったことが示された場合に行われることになるかもしれません。これは、あるコミュニティでは受け入れられている良い性質のひやかしや競争心を煽る冗談といったものを罰しないための、私たちに必要な状況判断の材料となります。従いまして、引き続き報告者側の見方とコンテンツの審査の両方に比重を置き、判断いたします。これらの変更により、審査過程における主観性が低減し、全体的な実施の一貫性が向上することを期待しています。

嫌がらせ行為 

嫌がらせとは、コミュニティやストリームを故意に混乱させたり、害を与えたり、乗っ取ったりするような、注意を引く行為を通したターゲット攻撃まで含みます。人は、個人攻撃や、身体的危害を助長するもの、悪質な集団的行為など、さまざまな方法での嫌がらせを経験しています。私たちはTwitchでの嫌がらせを許可せず、当社のサービスから削除する措置を講じます。私たちは、ユーザーが自分の友人やコミュニティとありのままに自分自身を表現できるよう、またその交流がハラスメントと誤認される恐れのないようにしたいと考えています。ある行為が一線を越え、虐待であると感じた場合は、報告機能を使用するか、その行為が望ましいものでないことを示すチャネルレベルのアクションを実行することをお勧めします。それにより私たちは、適切なアクションを取るための状況を把握することが出来ます。私たちはあなたからの報告を真摯に受け止め、各報告を審査のために当社のSafetyチームメンバーへ送信します。 

さらに、今回更新されたポリシーの変更のいくつかによって、当社の長年のポリシーのある側面がより明確かつ明白になりました。たとえば、以下の行為は明示的に禁止されています。 

その他の事例については、弊社のコミュニティガイドライン および嫌がらせ行為に関する詳細をご参照ください。

ヘイト関連行為

攻撃がアイデンティティ特性に基づいている場合、嫌がらせはヘイト行為となります。私たちは、以下、人種、民族、肌色、カースト、国籍、移民、宗教、性別、ジェンダー、性同一性、性指向、障害、重篤な疾患そして退役軍人といったアイデンティティに基づく属性を保護特性と考えています。グローバルコミュニティの発展と過小評価グループへの十分な保護を提供するために、カーストや肌色、移民であることをこのリストに追加しました。

どういった行為が一線を越えたものとなるのかよくご理解いただけるよう、さらなる詳細も記載いたします。たとえば、ヘイトスピーチやシンボルは常に禁止されてますが、私たちはさらにヘイトグループ、ヘイトグループへの参加、ヘイトグループのプロパガンダの共有者を追放する明示的な言葉を追加しました。また、明白な教育的文脈で使用されていない限り、黒/茶色/黄色/赤ら顔を使用しることを特に禁止します。これは新しいことではありませんが、新たなガイドラインによって基準が誰にとってもより明確になるでしょう。禁止されている行為の例については、ヘイト行為に関する詳細をご参照ください。

 次の変更点にもご注意ください 

性的嫌がらせ行為

Twitchではセクハラは常に禁止されていますが、当社のガイドラインは、性的な性質を持った嫌がらせ行為について十分に説明していないとコミュニティから聞いています。今回の更新により、セクハラを独自のカテゴリーに分け、モノ扱いや嫌がらせや行為に対する許容度を大幅に低くしました。

注目すべき変更点は以下を含みます

これは、Twitchの安全上のビジョンを認識するためのもう一つのステップです。私たちにはまだ多くのすべき作業があると認識しており、この権利を得るために必要な時間と人員を割くことを約束いたします。また、Twitchをより良くするため、この共有コミットメントに参加し、フィードバックを提供くださった皆さま、そしてコミュニティへ感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

より詳しく知るには

1 月 22 日にこの新しいルールを実施する前に、必要な情報を提供し、質問する機会を得られるようにしておきたいと考えています。そこで、3つのLIVEセッションを予定しました。このセッションでは、変更点とストリーマーへの影響について、また様々な質問にお答えします。このLIVEセッションに参加できない場合は、VODを視聴することもできます。 

12/11 クリエイターキャンプ: ポリシーの詳細について

午前10時(太平洋時間)より/CreatorCampにて

クリエイターキャンプという名称ですが、コミュニティの皆さま全員を招待します!主要なポリシーの変更に関するライブのディスカッションにぜひご参加ください。チャットからの質問にもお答えします。

12/16 タウンホール:ポリシーのとの概要とペナルティー

午前10時(太平洋時間)より/twitchにて

Twitchの安全性と新しいポリシーにおける目的について話し合い、チャットからの質問に答えます。

1/20 クリエイターキャンプ: ポリシー開始後のよくある質問のレビュー

午後12時(太平洋時間)より/CreatorCampにて

クリエイターキャンプのステージに戻り、発表されたポリシーに関するよくある質問をまとめて報告して、施行前に最後の質問を受け付ける場を用意します。

ポリシーの確認は こちらからできます。

よくある質問:

新しいポリシーのいくつかはより厳しいものとなりました。新しいポリシーの下で違反に対するペナルティーがますます厳しくなっていますか?

私たちは、以前のポリシーに明示的に含まれていなかったいくつかの行為について対処すると同時に、今回のガイドラインでは、はるかに詳細であり、行為または言葉の深刻度に応じてポリシーが適用されるようになります。その結果、比較的深刻度が低い行為、または一般的に口語と見なされる言葉は、警告または短期の利用停止を受けます。一方、悪意のある行為や過度に有害な行為と言葉はより厳しいペナルティーが適用されます。最も深刻な違反は引き続き最初のペナルティーで無期限停止が適用されます。全体として、今回のポリシーに基づくペナルティーは、違反行為の深刻度に応じてより適切に拡大されることを期待しています。

新しいポリシーの施行を開始する前に、警告を発行しますか。

Safety チームは、1 月 22 日までの期間中、既存のポリシーに基づいて報告書をレビューし、それに応じてペナルティーを実施します。この期間中は、新しいポリシーの下で警告を発行することはありません。そのため、変更内容を理解するために、提供された資料をすべて確認することが重要です。新しいポリシーについてご質問がある場合は、ライブセッションのいずれかに参加することをお勧めします。このセッションには、Q&Aの時間が組み込まれています。また、1 月 22 日までに、コミュニティからの質問を追加でブログに投稿します。

なぜ施行を遅らせるのですか。その間に悪い行為が持続することを許しませんか。

既存のコミュニティガイドラインは、Twitchで受け入れられない一般的なタイプの行為の多くにすでに対応しています。私たちは、コミュニティの安全性を向上させるためにポリシーの更新をします。罰則が目的ではありません。このポリシーの更新には新しい詳細が多数あるため、コミュニティがポリシーを理解し、質問する時間を持つことが不可欠だと感じました。この準備時間により、私たちは複雑で混乱を招くような一般的な問題に対処し、クリエイターとそのコミュニティが誤って違反行為をしないようにすることができます。その間、Safetyスペシャリストは引き続き既存のポリシーを適用し、差別や嫌がらせのコンテンツや行為を Twitch から削除します。 

この新しいポリシーは、古いコンテンツにどのような影響を与えますか。 

この更新されたポリシーは、2021年1月22日以降に作成されたコンテンツにのみ適用されます。間違いが起きる可能性があります。作成時にポリシーに基づいて許容されていた古いコンテンツであると信じているものについて警告を受け取った場合は、申し立てを行うことをお勧めします。Safety Ops チームのメンバーが、問題のコンテンツを審査します。

利用停止の長さはどう決めますか。

特定のペナルティは公開しませんが、違反の深刻度、違反が繰り返されるかどうか、ユーザーの違反履歴など、いくつかの要因に基づいています。ペナルティには、24時間から30日までの警告や一時的な利用停止が含まれるます。最も深刻なケースでは、最初の違反、または繰り返しの違反で無期限の利用停止になります。

差別や誹謗中傷に対するポリシーに違反する可能性のある単語や用語の使用を許可するのは、どういうことですか。どの用語がこのカテゴリーに該当するのかをどのように判断しますか。

私達は、ある誹謗中傷が、歴史的背景から特定のグループまたはコミュニティに属することを示す口語使用であることを認ます。これらの用語は伝統的にアイデンティティと結びついていますが、Twitchが個人のアイデンティティを決定する立場にあるべきだとは考えていません。多様性やインクルージョンの多くの学者との協議の後、Twitchでのコミュニティの表現を疎外したり、制限したりしないように、いくつかの用語の使用を許可することを決定しました。ただし、明らかに差別または個人をターゲットとして使用した場合、誹謗中傷の使用は禁止されています。これは完璧なソリューションではありませんが、Twitchが本当にインクルーシブなスペースであることを保証するための最良の選択肢だと思います。 

何が差別的なシンボルであるかどうかをどうやって判断しますか。

差別的なシンボルは、ナチス党、白人至上主義グループ、その他のヘイトグループのシンボルなど、保護されている特性に基づいて差別的イデオロギーを伝えたり、他者に対して否定したりするために最も頻繁に使用されるエンブレム、ブランディング、ジェスチャーとして定義しています。コミュニティガイドラインに違反しているかどうかを審査する際に、シンボルが表示される状況を考慮します。特に、教育目的、または歴史的に設定されたゲームにおいて、シンボルの使用と議論を可能にしていますが、この内容は明確である必要があります。さらに、開発者が開発したゲームコンテンツの内容に表示されるシンボルは、ストリーマーがそれらを活用して差別的な行為を実行しない限り、ペナルティーは発生しません。

何が誹謗中傷かどうかをどうやって判断しますか。

差別的な誹謗中傷とは、一般に保護された特性に基づいて品位を貶めるまたは中傷する言葉です。差別的な誹謗中傷の使用を審査するとき、私たちは内容を考慮し、視聴者にポジティブな力を与えたり、または所属する用語として明確な場合は、いくつかの単語や用語の使用を例外とします。私たちは、グローバルに、そして複数の言語で、差別的な誹謗中傷の使用に対してペナルティーを施行します。

ユーザーがレポートを提出しなかった場合、嫌がらせに対してどのような措置を講じますか?

ユーザーが嫌がらせの対象であると思われるという報告を受け、何らかの指示(モデレーターアクション、ストリーム上のクリエイターからのフィードバック)がある場合、私たちは行動を取ります。より主観的な状況、例えば、競争心を煽る冗談や相手をからかうような言葉の場合、ターゲットとされた人、またはそのモデレーターからのフィードバックに依存するので、適切なアクションを実行し、その行為が歓迎されている状況でユーザーを罰することを避けることができます。

コミュニティガイドラインの「ファーストパーティレポート」とはどういう意味ですか。

ファーストパーティレポートとは、危害または虐待行為の対象とされた誰かによって提出されたレポートです。行為が危害を加えることを意図しているか明確でない場合は、行為の対象者またはモデレーターのいずれかからのレポートで、行動が望ましくないことを証明するのに役立ちます。

なぜこのポリシーは一部の社会規範よりも厳しいのですか。

Twitchは、さまざまな期待と基準を持つ世界中のコミュニティの本拠地です。私達の目標は、これらすべてのコミュニティのニーズを適切に満たすポリシーを作成することです。社会の期待は世界中に広がっているため、コミュニティのすべてのメンバーの期待とニーズを満たすバランスをとることを目的としたTwitchの一連のペナルティー基準を作成しました。私たちの目標は、創造性や表現を抑えることではなく、Twitchのすべての人が自分自身とそのコミュニティに説明責任を負うことを期待しています。 

ウィスパーでセクハラポリシーを施行するにはどうすればいいですか?

ウィスパーはユーザー間のプライベートなコミュニケーションであり、そのため、ウィスパーに対して行われた不適切な行為に対して行動を取るために、ユーザーレポートに依存しています。さらに、他のユーザーがどのようにコンタクトするかをコントロールするのに役立ついくつかのツールを提供しています。すべてのユーザーは、私たちの「ミュート」機能を使用して、特定のユーザーからのメッセージの表示を停止することができます。さらに、ユーザーは「知らない人からのウィスパーをブロックする」オプションを選択することで、関係のないユーザーがメッセージを送るのを防ぐことができます。詳細については ヘルプ記事 を参照してください。

Twitchはヘイト関連行為および嫌がらせ行為に関するコミュニティガイドラインを改訂しましたが、これらのガイドラインをTwitch外でも適用するようにポリシーを改訂する予定はありますか?

現在、Twitch外でのユーザーの行動を定義して評価する方法の透明性を高めるために、サービス外での適用に関するポリシーを広範に改訂する作業を行っています。改訂されたポリシーに関する情報は2021年中に完了次第ご報告いたします。

新たなポリシー下では「simp」、「incel」、「virgin」などの言葉の使用は一律に禁止されますか?これはスタンプにも適用されますか?

Twitchのポリシーは「simp」、「incel」、「virgin」などの言葉が他の誰かの性行為を否定的に言及するために使われた場合にのみ、使用を禁止しています。これらの言葉を単独で使用してもペナルティ措置に繋がることはありませんが、嫌がらせ目的で繰り返し使用された場合にはペナルティ措置が取られます。

Twitchはこれらの言葉に関連したスタンプは拒否し、報告を受けた場合は使用禁止にします。Twitch全体で使用可能であることから、スタンプにはより厳格なポリシーを適用しており、被害の可能性を最小限に抑えるために積極的に対策を講じています。

その他のニュース